Tcl/Tkの入手先とインストールについて

Tcl/Tkの入手先とインストール方法は使用している環境により、変わってきます。使用環境に合わせて以下の方法を参考にしてください。

入手先

[ActiveTcl]

Get Enterprise-grade Tcl from ActiveState: ActiveTcl
Get Tcl from ActiveState. ActiveTcl includes precompiled and supported Tcl distribution for easy Tcl installation and quality-assured code.

[Tcl/Tkのソースコード]

Download Tcl/Tk Sources

ActiveTclからダウンロードする方法

ActiveStateからActiveTclのFree版を入手するには、メールアドレスの登録が必要です。無料アカウントを作ると更新の通知を受け取れるようになるようです。

※以前はメール登録が不要でした。

ActiveTclを入手するには以下の方法を参考にしてください。

ActiveTcl Community Edition(Free版)のダウンロードのやり方

1.「DOWNLOAD NOW」ボタンを押す。

2.「ActiveTcl8.6」ボタンを押す。

3.必要事項を入力して「Create Account」を押す。

[入力項目]
Email Address → メールアドレス
Pick a Username → 作成するアカウント名
Password → パスワード
Confirm Password → パスワードの再入力

「Create Account」の下にあるチェックを入れるとニュース、イベント等の情報をメールで受け取ることができるようです。※不要であればチェックを外す。

4.「View all Downloads」を押すか「Download Builds」タブをクリックする。

5.左側にあるmacOS/Linux/Windowsのいずれかを選択して「Download」ボタンを押す。

インストール方法

使用しているOSに合わせて以下の方法を参考にしてください。

Windowsの場合

ActiveTcl-xxxxx.exe を起動して表示に従ってインストールする。

[Choose Setup Type画面]

Choose Setup Type 画面の選択項目、「Typical, Custom, Complete」の日本語訳は以下のようになります。

Typical:一般的な

最も一般的なプログラム機能をインストールします。ほとんどのユーザーにおすすめです。

Custom:カスタマイズする

どのプログラム機能がインストールされるか、どこにインストールされるかをユーザーが、選択できるようにします。上級ユーザーにおすすめです。

Complete:完全な

すべてのプログラム機能がインストールされます。 (最も多くディスク容量が必要です)

使ってみるだけなら「Typical」の選択でもいいですが、TcllibやBWidgetなどの拡張ライブラリを使う予定がある場合は、Completeを選択する。

UNIXの場合

パッケージソフトとして登録されている場合は、それを利用する。

参考として、CentOSとFreeBSDの場合のインストール方法を記載します。

[CentOSの場合]

[利用可能なパッケージの確認]
 $ yum list tcl
 $ yum list tk
利用可能なパッケージ tcl.x86_64 1:8.5.13-8.el7 base tcl.i686 1:8.5.13-8.el7 base tk.x86_64 1:8.5.13-6.el7 base tk.i686 1:8.5.13-6.el7 base [インストール] $ sudo yum install tcl.x86_64 $ sudo yum install tk.x86_64

[FreeBSDの場合]

[利用可能なパッケージの確認]
 # pkg search tcl8
 # pkg search tk8

 利用可能なパッケージ
 tcl85-8.5.19_1                 Tool Command Language
 tcl86-8.6.7                    Tool Command Language
 tcl87-8.7.a1_1                 Tool Command Language
 tk85-8.5.19                    Graphical toolkit for Tcl
 tk86-8.6.7                     Graphical toolkit for Tcl
 tk87-8.7.a1                    Graphical toolkit for Tcl

 [インストール]
 # pkg install tcl85
 # pkg install tk85

上の方法が使えない時は、ソースからコンパイルする。この場合、すんなりインストールできないこともある。

[ソースからコンパイルする場合]

[実行例]
 $ cd tcl8.6.6/unix
 $ ./configure --enable-threads
# make # make test # make install
# cd tk8.6.6/unix # ./configure --enable-threads
# make # make test # make install

configureのオプションなど、詳細は以下のページを参照してください。

How to Compile Tcl

Mac OS Xの場合

Mac OS Xの環境がないため試すことができません。

Mac OS Xには標準でインストールされているようです。ただし、古いバージョン(8.4.x)です。ネットの情報では、日本語入力ができないなどの不具合があるようなので、最新版を利用したほうがいいようです。

最新版を使いたい場合は、ActiveTclから入手可能です。

[参考]

TkDocs Tutorial - Installing Tk
Installing Tk: Part of a Modern Tk Tutorial for Python, Tcl, Ruby, and Perl
Get Enterprise-grade Tcl from ActiveState: ActiveTcl
Get Tcl from ActiveState. ActiveTcl includes precompiled and supported Tcl distribution for easy Tcl installation and quality-assured code.

履歴

2019.05.17 初回投稿。
2020.11.24 ActiveTclからダウンロードする方法を追加。

コメント

タイトルとURLをコピーしました