Tcl/Tk

Tcl – 配列(4) -arrayコマンド(2)-

この記事は配列の検索に関連するオプション(startsearch, nextelement, anymore, donesearch)の使い方と、配列を一旦リストに変換してからforeachコマンドを使って要素を順番に参照する方法を紹介します。
Tcl/Tk

Tcl – 配列(3) -arrayコマンド(1)-

arrayコマンドは第一引数に指定するオプションによって、アクションが変わります。この記事は配列の作成と操作に関連するオプション(set, exists, get, names, size, unset)の使い方を紹介します。
Tcl/Tk

Tcl – 配列(2) -多次元・2次元-

Tclの配列は多次元配列をサポートしていませんが、要素名に文字列を使用することを利用して擬似的に多次元を表現する事が出来ます。この記事はTclの配列を使用して擬似的に多次元を表記する方法を紹介します。
Tcl/Tk

Tcl – 配列(1) -配列の作成・更新-

配列(array)とは、データ構造の1つで、値を格納する為の入れ物(変数)を複数並べた構造をしています。この記事はTclにおけるリストと配列の違いと配列の作成方法を紹介します。
Tcl/Tk

Tcl – リスト(4) -反復 foreach, lmap-

1つ以上のリストから各要素を1つ以上のループ変数に代入しながらループ本体を繰り返し実行する制御コマンドとしてforeachコマンドとlmapコマンドがあります。この記事はforeachコマンドとlmapコマンドについて紹介します。
Tcl/Tk

Tcl – リスト(3) -操作・加工・その他-

既存のリストや文字列を操作して、新しいリストや文字列を生成するにはlinsert, lreplace, lsort, lreverse, split, joinを使います。また、リストの各要素を別々の変数に一度に代入するにはlassignコマンドを使います。この記事は、それらのコマンドの使い方について紹介します。
Tcl/Tk

Tcl – リスト(2) -要素の参照・検索-

リストの情報や要素を参照するコマンドとしてllength, lindex, lrange, lsearchがあります。この記事は、それぞれの使い方を紹介します。
Tcl/Tk

Tcl – リスト(1) -リストの作成・更新-

リストを作成・更新するコマンドは、list, lrepeat, lappend, concat, lsetがあります。この記事は、リストの作成・更新に関連するコマンドを紹介します。
Tcl/Tk

Tcl – 文字列を解析する -scan-

この記事は、変換指定子の書式の各項目(位置指定子、最大フィールド(幅)、サイズ修飾子、変換文字)に指定できる値と意味、scanコマンドの使い方を、いくつか例を使ってを紹介しています。
Tcl/Tk

Tcl – 文字列を整形(書式化)する -format-

この記事は、変換指定子の書式の各項目(フラグ、最小フィールド(幅)、精度、サイズ修飾子、変換文字)に指定できる値と意味、formatコマンドの使い方を、いくつか例を使ってを紹介しています。
タイトルとURLをコピーしました