いっしー

Tcl/Tk

Tcl – 文字列を整形(書式化)する -format-

この記事は、変換指定子の書式の各項目(フラグ、最小フィールド(幅)、精度、サイズ修飾子、変換文字)に指定できる値と意味、formatコマンドの使い方を、いくつか例を使ってを紹介しています。
Tcl/Tk

Tcl – ループの中断とスキップ -break, continue-

この記事は、ループ処理を中断してループから抜けるbreakコマンドとループ処理を停止して次のループ処理にスキップするcontinueコマンドの使い方を紹介しています。
Tcl/Tk

Tcl – プログラムの命令を繰り返し実行する -反復(ループ)-

Tclのwhileコマンドとforコマンドは、条件に合致する間、同じ手順を繰り返し実行するコマンドです。この記事ではwhileコマンドとforコマンドの基本的な使い方を紹介しています。
Tcl/Tk

Tcl – プログラムの命令を条件により変える -条件分岐 –

Tclのifコマンドは、条件に基づいてブログラムの流れを変えるコマンドです。この記事ではifコマンドの基本的な使い方を紹介しています。
Tcl/Tk

Tcl – 文字列の入力と出力について -標準入出力-

標準入出力チャネルのイメージと、Tclのプログラムの中で文字列を行単位でキーボードから入力する方法(getsコマンド)と画面へ出力する方法(putsコマンド)、バッファリングの問題とflushコマンドの使い方を説明しています。
Tcl/Tk

Tcl – 数学関数

Tclのexprコマンドは数学関数をサポートしています。この記事は、絶対値、剰余、べき乗、切り捨て、切り上げ、四捨五入、乱数、最大値、最小値、ブール値、三角関数などの数学関数の使い方を紹介しています。
Tcl/Tk

Tcl – ビット演算子

Tclのexprコマンドはビット演算子をサポートしています。この記事は、ビット毎のAND、OR、XOR、NOT、右シフト、左シフトの使い方を紹介しています。
Tcl/Tk

Tcl – 関係式と論理式の評価について

Tclでは関係式と論理式の評価(判定)にexprコマンドを使います。この記事は、関係演算子(比較演算子)の「<, >, ==, !=, <=, >=」と、論理演算子の「&&, ||, !」および、三項演算子(条件演算子)の使い方を紹介しています。
Tcl/Tk

Tclの数式について

Tclでは数式の評価にexprコマンドを使います。算術演算子の他に、関係演算子、論理演算子、ビット演算子、数学関数が使えます。この記事は、算術演算子の使い方と、浮動小数点数において、Tcl8.4までの挙動とTcl8.5以降の挙動の違いにつて紹介しています。
Tcl/Tk

Tclの基本的な文法と文法規則ついて

この記事は、Tclの基本的な文法と規則、コメントの記述、変数名、変数置換、コマンド置換、バックスラッシュ置換、グループ化の説明と、それらの規則(ルール)につて説明しています。
タイトルとURLをコピーしました