いっしー

Tcl/Tk

Tcl – ファイルの入出力(1) 基本操作

ファイルに対して入出力処理を行う方法を数回に分けて紹介します。この記事では基本的な操作方法(open,close)について紹介しています。
FreeBSD

FreeBSD – NTPサーバと時刻を同期するには

この記事ではNTPサーバと時刻の同期を行うために必要な設定について紹介しています。
FreeBSD

FreeBSD – SFTPの設定とWinSCPでSFTP接続する方法。

この記事はWinSCPからFreeBSDのサーバにSFTP接続するための設定方法と接続のやり方を紹介しています。
FreeBSD

FreeBSD – SSHの設定とTera TermからSSH接続する方法

この記事はTera TermからFreeBSDのサーバにSSH接続するための設定方法と接続のやり方を紹介しています。
FreeBSD

FreeBSD上にデスクトップ環境を構築するには

この記事はFreeBSD上にGNOMEデスクトップ環境を構築する方法を紹介しています。日本語の表示や日本語入力(ibus + anthy)の設定方法など参考になればと思います。
Tcl/Tk

Tcl – データ構造の作成 -レコード,スタック,キュー-

Tclの基本的なデータ構造として、変数、リスト、配列について紹介しましたが、これらの基本的なデータ構造を利用して、新しいデータ構造(レコード、スタック、キュー、リングバッファ)を作成する方法を紹介します。
FreeBSD

FreeBSDのインストール

この記事はFreeBSD公式サイトの情報を元にして、実際にインストールした時の手順や注意事項をまとめたものです。媒体の入手先、ダウンロード時間、インストール手順、作業時間の目安などを紹介しています。
Tcl/Tk

Tcl – 再帰呼び出し

procコマンドで定義した手続きの中で、その手続きと同じプロシージャ(自分自身)を再び呼び出す事を再帰呼び出しと言います。この記事は「再帰とは」、「再帰的な構造の作り方」、「再帰を利用したプログラム」を紹介します。
Tcl/Tk

Tcl – 変数の有効範囲 -global, upvar-

この記事は変数の有効範囲の説明とプロシージャ内からプロシージャの外側で定義された変数にリンク付けするglobalコマンドとupvarコマンドの使い方を紹介します。
Tcl/Tk

Tcl – 手続きのモジュール化 -proc,return-

procコマンドは複数のコマンドをひとまとめにして手続きを作成します。作成した手続きは、Tclのコマンドと同じように利用できます。この記事では手続きを作成するprocコマンドと手続きを実行した結果を返すreturnコマンドについて紹介します。
タイトルとURLをコピーしました